株式会社islandworks

Online shop

NEWS / TOPICS

2019.12.03

お小遣いで上手に「お金」教育

教育

子どもの頃から「お金」教育をするメリット

 

CEOキッズアカデミーでは、クラスでも「お金」の概念やしくみを学ぶことができます。

 

お金の作り方には、

●労働(時間対価の)収入
●不動産・著作権等の権利収入
●投資運用による運用収入

 

などがあります。

 

 

子供にお金を教えるとなるとなかなか難しいですよね。
親の私達も学ぶ機会がなかったですから。

 

 

日本人は
「お金が必要です。」
となると、
多くの方が労働収入でお金を作ろうとします。

 

それも大事なお金の稼ぎ方なのですが、
金融の「概念」や「しくみ」をしっていると、
「お金」の集め方や「モノ・サービス」の買い方が変わります。

 

子どものうちから学ぶと

自己管理能力や人生の選択が変わる可能性を秘める「お金の教育」です。

 

 

 

家庭でも取り入れられる実践のお金教育

家でもできる金銭教育として、子供にお金の扱い方を教えるのにもってこいの教材が、

「おこづかい」。

 

子どもに買いたいもの・欲しいものをあげてもらい、

それを得られるにはどうやってお金を作ればいいか

考えさせてみます。

 

 

例えば

●お手伝いのお洗濯物をたたんでくれたら100円とか
ゴミを出してくれたら10円とか
かたたきして50円を稼ぐといった
→労働収入の概念

 

●おこづかいで溜まったお金やお年玉をつかって
子どもニーサのような証券投資の方法を教えてみる
→資金運用の概念

(※これは、毎日新聞やニュースで会社の動向や経済のしくみを教えていく必要はありますが)

 

 

●要らなくなったおもちゃなどをメルカリやフリーマーケットにだしてお金を稼ぐ、手作りのものをネットで売るなど
→ビジネスで稼ぐ力

 

 

●おじいちゃんやおばあちゃん、お父さんなど親に買いたいものをプレゼンテーションしてお金をもらう方法
→投資してもらう力

 

 

こういった風に、

子供にお金をただ与える「おこづかい」から、

お金を作る方法も教える「おこづかい」を取り入れてみては?